読者の皆様こんにちは。

SUPINF広報部です。

今回は、な、なんと…!!

新宿南口にそびえたつ

ミライナタワーにやってまいりました。

 

これは、勇者・カメレオンの

お尻キュンキュン現象が発生する可能性大ですね。

早速行ってみましょう。

到着したのは、こちら。

ジオコード様です。

はっきり言って、お洒落です。かなりお洒落です。

お洒落でありながら、何か落ち着く雰囲気を醸し出しています。

これはいったいどういう事なのか

ここはいったいどこなのか?

そんなことを考えながら、新しい仲間(になってくれるであろう方)の登場を待ちます。

というわけで、今回インタビューに答えてくれる方はこちら!!

 


加藤 康二 様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、勇者だけが持つことのできる

伝説の名刺 (Lv.18) をお渡しします。

 

それにしても、眺めがいいですね。

 

 

お尻がキュンキュンしてきましたよ。

 

 

---あ、早速ですが、帽子と眼鏡を用意しているので、装着して頂けますか?

 

(ゴソゴソ…)

 

 

 

 『あ、はい…。』

 

 

---とっても似合ってますね!素敵です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 『あ、ありがとうございます…。』

 

 

 

 

 

 

 

---で!ここからが重要なんですが、この記事が公開される11月2日は
    弊社社長の誕生日でして。

 (私ってば、社長想いなんですよ。)

 

 

 

 『それはおめでたいですね。』

 

 

 

---そうなんです。おめでたいんです。弊社にとってひじょうにおめでたい日なので
   お祝いしてあげちゃいますよ!っていうアピールをして、社長からの好感度を上げたいんです。

 

 

 『はぁ…。』

 

 

 

---ほら!好感度が上がれば、お給料とかも上がるかもしれないじゃないですか!

 

 

 『確かにそれは重要ですね…。』

 

 

 

---そんなわけで、何のメリットもないであろう加藤さんにも参加してもらって
 誕生日パーティー感を出そうかな~なんて。

 

 

 『なるほど!(?)』

 

 

 

---じゃ、インタビュー始めちゃいましょうか。

 

 

 『え…急に?』

 

 

 

---早速ですが、ジオコードさんについて教えて下さい。

 

 

 『これは…普通に…?』

 

 

 

---パーティー感を出して頂いても構いませんよ!

 

 『いや、真面目に行きます。弊社は、メインである web マーケティングと
 クラウドサービスをしております。創業が2005年でして、当時から
    SEO をやっているので、業界の中でも老舗と言えますね。』

 

 

---一時期は SEO の会社さんって、たくさんあった気がしますが
   最近は少なくなってますよね?

 

 『かなり少なくなりましたね。Google が検索エンジンの評価基準等を
   毎年厳しくしているので、生き残ってる会社はほとんどないです。』

 

 

 

---ひじょうに厳しい世界なんですね。

 

 『その中でも、うちのように自社で開発から運用まで
   行っている会社は10社程度ですね。Google がリスティング広告を
   表彰する企画があるんですが、毎年表彰してもらっています。』

 

 

---ここまで大きな会社になるだけあって、ほんとにすごいんですね…。

 (なんだか、格好と発言がマッチしていなくて、シュールですね…。)

---クラウドの方はどういったサービスを?

 

 『メインは、 Suica や PASMO 等を専用端末にタッチするだけで、
 “いつ” “どこへ” “いくらかかったか” という情報を
 自動計算してくれるサービスを提供しています。』

 

 

---毎月の交通費精算の手間を考えると、かなり便利ですね。

 

 『そうですよね。弊社もそうですが、営業をしている方は特に外出が
   多いので、月末の交通費精算作業って結構時間を取られるんですよね。
   その精算作業をなくして、業務の効率化を図ろうという考えから
   生まれたサービスで、元々は社内向けだったんですよ。』

 

---そうなんですね!それがどのように社外向けのサービスとなっていったのでしょうか?

 

 『使ってみたら予想以上に良かったので、 web マーケティングを利用して
 くれているお客様に紹介しまして。これが好評だったので、サービス化と
 いう流れになりました。』

 

 

---なるほど。マーケティングとクラウドでは畑違いなのでは?と
   思ったのですが、理由があったんですね。
 

 

 『普通はそう思いますよね。まぁ、気づいたらクラウドサービスが
 始まっていたんですけど(笑)弊社の概念として、継続費用をいただく
   サービスを基本としているので、その関係でクラウドが良かったんじゃ
 ないかな、と思います。』

 

---コスメマーケティング部があるのも気になりました。

 

 『これは、7月にコスメマーケティング専門の会社さんと事業統合したんですが
   そのまま専門部署を作った方が効率が良いのではないか、という話に
   なりまして、そのまま独立した部になっているんです。』

 

 

---コスメという事で、女性スタッフが増えましたか?

 

 『そこはそんなに変わってないんですよね。でも執務室に女性誌が
 置かれるようになったりと、雰囲気は変わりましたね。』

 

 


---ジオコード様は、社会貢献にも力を入れているんですよね?

 

 『はい。赤十字や、あしなが育英会、はたまたお城の復元を
   している団体等への寄付もおこなっています。
   熊本地震の時には、社員が寄付した合計金額と同じ額を
   会社から寄付しました。』

 

---会社からだけではなく、個々にも寄付されているんですね。

 

 『そうですね。つまりは、ジオコードのサービスを利用すると
 社会貢献もできるんです!!』

 

 

 

---それ、最強の謳い文句じゃないですか。

 (社会貢献という言葉に、勇者は弱いんですよね。勇者なのでね。)

 

---さて続いては、加藤さんのお仕事について教えて頂けますか?

 

 『来年上場予定の関係で、今は内部監査室の室長をしています。
   各部署の偉い人を呼び出して、取り調べみたいなことをするんですが
   ひじょうに優秀な部下のサポートがあるので、未経験の内部監査業務も
 順調にすすんでます 。』

 

---そういえば、加藤さんは、そこまで攻めない広報というのを
 やられてたんですよね?これはどういうものでしたか?

 

 

 『ベンチャーだと名前を広めるために、攻める広報が多く、同じように攻めても
   埋もれてしまうかなと思ったので、“そこまで攻めない広報”と謳うことに
   したんですが、実際は結構攻めて情報発信してましたね。』

 

 

---マーケティングの会社さんだと、やはり情報発信はお手の物なのでしょうか?

 

 『入社して9年になるのですが、最初は SEO のディレクターをやっていた
   ので、どういうキーワードでどんなコンテンツ作れば良いかという
 ノウハウが生かせましたね。』

 

 

---意外にも結構古株なんですね…。ちなみに入社のきっかけというのは?

 

 『社長の原口とは、元々知り合いだったんですよね。
   前職を辞めてから1年位働かないで世界一周をしていまして、
   帰国する前に SNS で『そろそろ帰国します』って書いたのを
   社長の原口が見て、連絡が来たのでそのまま入社しました。』

 

---世界一周ですか!!行ってみてどうでした?

 

 『世界一周できる航空券を利用して行ったのですが、めちゃくちゃ
   面白かったんですよね。なので、世界一周してみたい!という方には、
   自信をもっておススメしてます。今すぐ仕事辞めたほうがいいよって(笑)』

 

 

---大変!私も辞めなきゃ!
---ちなみに今後の参考としてお聞きしますが、一番印象に残った国はどこですか?

 

 『インドですね。インドに行く前に、30ヵ国位訪問していたので
  もうそんなにインパクトを受けることもないだろうと思っていたん
  ですけど、インドには強烈なインパクトを受けましたね。』

 

 

---なるほど。世界一周するなら、インドはマストということですね。
---ひじょうに参考になります。

(とんがり帽子がズレる…。) 

---続いては、ユーモア活動についてお聞きします。この企画は誰が考えているんですか?

 

 

 『私も企画から参加することがありますが、主に社長の原口ですね。』

 

 

 

---今までの活動内容を見ると、けっこう攻めてますよね?

 

 『そうなんですよね。弊社の企業理念に“魅力的な人”というのが
   ありまして、他の会社と同じことをやらないというのをポリシーに
 しているんです。そのポリシーに沿ってのユーモア活動なのですが
   たまにそれ大丈夫!?って心配になります。』

 

---動画を見ると製作総指揮が社長の名前になっていたので、ひょっとして!
 とは思いましたが、社長がノリノリでやってるんですね。

 

 

 『そうですね。社長は面白いことが、誰よりも大好きなので。』

 

 

 

---俺は絶対にやらない!みたいな方はいないんですか?

 

 『中にはいますね。年末の忘年会で、毎年余興を
   やるんですが、やらなかった人が一人だけいます!』

 

 

 

---そのお一人以外の方は、みんなやってるんですね…。

 

 『登竜門みたいな感じなので、新卒でも中途でも、
   入社した方にはやってもらってるんですよね。』

 

 

 

---その中で一人やってないって、逆にすごいですね。

 

 

 『みんなは気づいてないと思うんですけど、僕の目は誤魔化せませんよ。』

 

 

 

---このインタビューが掲載されたら、全員にバレちゃうかもしれませんね♥

(バレちゃったらごめんなさい♥) 

---ちなみに皆さんどんな余興されるんですか?

 

 『最近だと、オリジナル動画を作ったりしてますね。
   そのための街頭インタビューをしたりして。』

 

 

 

---街頭インタビューまでするんですか!

 

 『そうですね。会社の社風に、何事も一生懸命にやる!
   というのがあるので。会社としても、だたやらせるだけじゃくて
   賞金というエサで釣ってます(笑)その賞金の使い道も、ただ呑みに行く
   というのはダメで、自分の経験値を高めることに使うという決まりがあります。』

 

---いいなぁ…。私も経験値を上げて、早く Lv.99 になりたいなぁ。

 

 『忘年会が近くなってくると、仕事をさっさと終わらせて
   そっちに力を注いでいる人もいますね。』

 

 

 

---みんな早くレベルを上げたいんですね。その気持ちは私も同じです!

 (あぁ、とんがりがズレる…。)

---私、ジオリンピックに参加したいんですが、あれは毎年開催されているんですか?


 『毎年やってますね。つい先日チームが発表されました。
   ジオリンピックも、参加するなら本気で!というのが社長の方針なので、
 本気じゃない人は参加しなくていいし、参加するからには優勝を狙え!
 ということでやっています。ちなみに、最下位のチームには罰ゲームも用意
 さているという徹底ぶりです。』

 

---厳しい…!

 

 『でも、意味もなく厳しくしているわけではなくて、チーム内のポジション配置
   はマネジメントと同じなので、絶対仕事にも通じるから、仕事の一環として
   やりましょうという社長の考えからきているんです。』

 

 

---気軽に参加したいとか言ってしまった私がバカでした。ごめんなさい。

(うぅ…。)

---それにしても、社長は常に本気なんですね。

 

 『そうですね。仕事以外での社内の活動ですとか、コミュニケーション
   というものも、本気で教えてくれる社長です。』

 

 

 

---ちなみにこれらのユーモア活動は、上場と同時に大人の事情で
 なかったことになったりするのでしょうか…?

 

 『それ、みんな心配してるんですよね…。どうなってしまうのか‥。』

 

 

 

 

---勇者・カメレオンの存在も、消し去られるかもしれない…。

 (まぁ、伝説というものは、語り継がれるものですしね。)

---ところで、企業理念に“他にはない福利厚生”というのがありますが、これは?

 

 

 『一番メジャーで変わっているものは、サッカー休暇ですね。(※1)』

 

 

 

---ブログを見ると、頻繁にサッカー観戦してらっしゃいますよね。

 

 『社長の承認を得ていれば、夕方の5時でも日本代表の試合を応援して
  いいので、サッカー好きにはたまらない会社だと思います。』

 

 

 

---よだれが出る位たまらないでしょうね。

 

 『ワールドカップのような大きい試合になると、参加者を募って応援する
   んですが、これも“何事にも一生懸命”というのに通じていて、興味の
   ないことにも参加してみることで、色んな人とコミュニケーションを
   とってほしいということや、社員の一体感等を目的に始めた福利厚生なんです。』

 

 

---無意味なものは一つもないということなんですね。

 (加藤さんのとんがりも落ちてきてるな…。)

---そういえば、こちらのオフィスに移転して、あーおさん(※2)はどうなったんですか?

 

 

 『そういえば、しれっといなくなりましたね。どこ行ったんだろう…。』

 

 

 

---新しいゆるキャラはいないんですか?

 

 『まだいないんですよね。あーおさんは、社長がその辺の紙切れに
   軽いノリで書いた絵を、僕がデザイナーに渡して、きれいに整えて
   出来上がったものなんです。』

 

 

---あーおさんも社長発信だったとは…。

 

 

 『まぁ、勝手に作ったんですけどね。』

 

 

 

---それ、怒られるやつなんじゃ…

 

 『 AO ビルの時は、エレベーターが開くとすぐ見える場所にあーおさんを
   置いていたので、上の階に会社を構えていたオーナーさんにも、何回か
   目撃されているはずなんですよね。なのでいつ怒られるんだろうって
   ドキドキしてました。』

 

---結局怒られなかったんですか?!

 

 

 『怒られなかったんですよね。良かったです。』

 

 

 

---きっと勇者・カメレオンと同じ位、ユーモア心のあるオーナーさんだったんでしょうね。

 (このとんがり、邪魔になってきたなぁ…。)

---話は変わりますが、会社のロゴ、素敵ですよね。このロゴはどういう経緯で
 作られたんですか?

 

 『ありがとうございます!ちょうど社長ブログに社名とロゴの意味を
 載せたんですが…』

 

 

 

---あ、そうなんですね!じゃぁ、リンク貼りましょう。
---皆さん、ポチっとしてくださいね。
   (決して、書くのがメンドクサイからとかではないですよ!)

ロゴについてはこちらですよ→ http://ameblo.jp/geocode/entry-12210901990.html

 

---ジオコードさんは、“働きがいがある会社ランキング” で 2014年から
   連続でトップ 10 入りされてますが、実際はどうですか?

 

 『自分は今の会社で3社目なんですが、働きがいがあったからこそ
   9年もいるんですよね。本気でやる人に対しては、本気でやれる
   環境を用意してくれる会社です。』

 

 

---まさに、働きがいがある!ということですね。

 

 『ユーモア活動があるので、ゆるい印象を持たれがちなのですが、実際は
   頑張って結果を出している人は昇進も早いですし、お給料もどんどん
   上がりますが、そうでない人には厳しい会社です。』

 

 

---厳しいからこそできる、ユーモア活動なんですね。

 (あぁ、とんがりが邪魔でしかない…。)

---採用は積極的にされているんですか?

 

 『やってはいるんですが、なかなか社長のおめがねにかなう人が
   採用できていないんですよね…。』

 

 

 

---どういう人であれば、社長のおめがねにかなうのでしょうか?
---勇者・カメレオンだったら、やはり勇者ですから、勇者を前面に出せばかないますかね?

 

 

 『うーん…。』

 

 

 

---どうやら違うみたいですね。すいません。

 

 『弊社は採用基準もけっこう厳しくて、人事がこの人は即戦力だなと判断しても
   社長がNG出す事もあるんですよね。最終的には、人間性や社風に合うかで
   判断してますね。なので他社だったら高待遇で雇用されるような方も、うちだと
   採用されない、ということもあると思います。』

 

 

---なるほど。私のような伝説的な勇者であっても、採用されないことがあるんですね。

 

 『そうですね。Web の会社なので、営業以外は一日中デスクに向かって
   作業してる人たちが半数なんですが、そういうスタッフ達もちゃんと
   人とコミュニケーション取れて、面白い話もできる人が多いですね。』

 

 

---それ、けっこう珍しいですよね。

 

 『珍しいと思います。技術系だからと言って、目を見て人と話せませんみたいな
   人は採用されないですね。それもあって、会社で面白いイベントをやる時も
   拒絶反応を示す人はほぼいないんですよね。』

 

 

---深い…。

 (私だって、こう見えて面白いんですよ!たぶん。)

---さて、ジオコード様は、季節の挨拶状もとってもユーモアですが、
  2017年の年賀状はどんなものにされるんですか?

 

 『まだ決まっていないんですが、そろそろ考えないといけないんですよね。
   年賀状の企画、僕の仕事になってるので…。』

 

 

 

---酉年ですから、やはり鳥人間じゃないでしょうか?

 

 

 『安易な発想で社長のところ持っていくと、 NG 食らうんですよ…。』

 

 

 

---またしても気軽に発言してしまい、すいませんでした!

 

 

 『ハードルが高いんですよ。それが結構大変なんですよね…。』

 

 

 

---ということは、例えば、2013年の暑中見舞いでの武将には、壮大なコンセプトが
  設定されていたんですね!

 

 

 『いや…あれは社長が面白いだろうって言ったんで…。』

 

 

 

---あれあれあれ?変なおじさん…も?

 

 

 『そうですね。あれは社内でもザワつきました(笑)』

 

 

 

---つまり、変なおじさんが登場したというのも、理由はない…?

 

 

 『それが、分からないんですよね。おそらくですが、武将で揃えると
   普通すぎるから、スパイスとして変なおじさんを投入したんだと思います。』

 

 

---変なおじさんスパイスですか…。実に斬新ですね。
---ちなみに、登場する人はどうやって選ばれているんですか?

 

 『完全に社長の好みです。いい意味でドSな方なので、人をいじるのが
  好きなんですよ。なので、こういうのに抵抗する人を選んでますね。』

 

 

 

---その気持ち、ちょっと分かるなぁ…。

 
 『もちろん、ただいじってるのではなくて、何事にも興味を持ってほしいという
   本質からなので、普段そういうことをやらない人にやってもらって、新たな
   一面を出してほしいという考えがあります。時には恥をかくことも必要だと。
   忘年会の時に、人前で何かをやるということも、人前に慣れた方が
   絶対仕事で役に立つので。』

 

---それは間違いないですね。

 

 『チャレンジするとか興味持つとか、積極性とかは
   社長から耳にタコができるくらい言われますね。』

 

 

 

---深い…とても深い!

 (くそぅ…もう脱ぎたい。)

---それにしても、武将はカッコいいから良いと思うんですが、
 変なおじさんをやった本人は嫌がらなかったのでしょうか?

 

 『変なおじさんをやった人は、わりと古株の方でなんですが、昔から
   いじられる対象なんですよね。なので毎年あの方が一番面白いことを
   やっている感じです。』

 

 

---変なおじさんはあれでよかったんですね。逆に言うと、
   武将のお二人は抵抗する方達だったということですか?


 『黒い鎧を着てる彼は、イケメンで割と抵抗する人ですね。
   仕事もできてかっこいいんですけど、恥をかくようなことは
   やりたがらなかった人なので、選ばれてますね。
   彼は、ジオリンピックの時にも、当日社長からいきなり選手宣誓を
   頼まれて、急に人前で宣誓するということがありました。』

 

---社長は社員皆さんのことをよく見ているんですね。

 

 『すごいですよね。社員が今100人位いるのですが、最近入社した人とも
   ちゃんとコミュニケーションをとっているんですよね。』

 

 

 

---面倒見が良いということでもありますよね。

 

 

 『面倒見は本当にいいですね。休みの日に自宅で BBQ やったりとか。』

 

 


---仲良しじゃないですか!!

 

 『社長のみならず、社員同士の仲もめちゃくちゃいいと思います。
   でもそれが仕事においての支障になる時もあるので、
 メリハリをつける必要はありますね。』

 

 

---社員同士の仲が良い会社さんは、皆さん悩むところですね。

(…。…。…。)

---それにしても、社長が先陣を切って面白いことをやってくれると、
   社員の皆さんも思い切り楽しめますよね。

 

 『人事評価にユーモアという項目があるくらいなので。
   三段階なんですが、そこもちゃんとお給料に影響します。』

 

 

 

---もちろん加藤さんは最高評価なんですよね?

 

 

 『と思うじゃないですか!僕違うんですよ!』

 

 

 

---なんですって…!?

 (納得いかない様子の加藤さん。)

---最高評価の人、いるんですか…?実はいまだかつていないとかじゃないんですか?

 

 

 『いや、普通にいます。』

 

 

 

---そうですか…。

 

 『僕には何かが足りないのかもしれません…。
   あとは社歴や肩書きによって基準も厳しくなるので、
   通常より厳しく見られてるかもしれないですね。』

 

 

---なるほど!そうですよ!そうに決まっている!そうに間違いないですよ!
---なので、これからもめげずに、ユーモアでいて下さいね!
---ついでに、私と一緒に旅をしましょう!

 

 

 『ありがとうございます(笑) でも、旅はもう終わったので、遠慮します。』

 

 

 

---爽やかに断られました!

---では最後に、ジオコードさんのアピールをおもいっきりお願いします!

 

 

 『宣伝でもいいんですか?』

 

 

 

---思う存分、全力でどうぞ!!

 『 Google がサイトの評価基準を年々厳しくしているため、順位を上げる目的の
   サイトが、どんどん順位を落としています。そんな中で、我々ジオコードは
 SEO サービスも順調で、業績を伸ばしています!交通費のサービスも、
   検索するとトップにでるのを始めとして、自社サービスを様々なキーワードで
   上位につけています。そこからの流入や問い合わせも増えているので、
   まだまだ検索エンジンは行けるんじゃないかなと思ってます。』

 

 

---全力頂きました!ついでに加藤さんの目標もアピールしてください!

 

 『内部監査を全力で頑張ります。が、上場準備でまだまだ優秀な人材が
   が必要なので、稼ぎたい!重要なポストで責任のある仕事をしたい!
   上場を経験したい! というメンバー集めにも貢献したいですね。』
   

 

---目標と一緒に、募集アピールも頂きました。

---はい!というわけで、最初に申しあげたとおり、このブログがアップされる日は
   弊社社長の誕生日のはずなので、全く持って面識のないであろう弊社社長への
   お祝いメッセージをお願いします!あ、全力で!!

 

 

 『なんか面白いこと言えるかな…えーっとお名前は…?』

 

 

 

---やましんさんです。

 

 

 

 

 

 

 

 『では‥やましんさん、34歳!!
  おめでとうございます!!!!
  普通ですみません!!』

 

 

 

 

 

 

---いえ、普通の方が、好感度は上がるかもしれませんからね。ありがとうございました!
---これで勇者・カメレオンの好感度もガッツリあがるはず!(しめしめ)
---出社したら、私だけ椅子がカッシーナ(※3)になってたらどうしよう♡困っちゃう♡

. . . 後半へ続く。

 

 

 

 

 

※1…サッカー休暇については、色んな媒体で紹介されまくっているので、詳細は省きますが
         気になる方はこちらをどうぞ→詳しく載ってるページ

※2…ジオコード様が、渋谷の AO ビルに入居されていた時代の非公式キャラ。
         このインタビューの後に、無事生存が確認された。
         あーおさんが気になる方はこちらをどうぞ→あーおさんの全貌

※3…とてつもなくお洒落だが、スライムを10万匹倒しても買えない家具の高級ブランド
         実は勇者・カメレオンはカッシーナを知らなかった。