ここは宮島。

厳島神社で有名な、あの宮島です。

今回はその島に位置する

宮島水族館に行ってみました。

観光客で賑わう厳島神社周辺を横切り

歩き続ける事、20分

人もまばらになった島の端に、“宮島水族館”はありました。

その佇まいは、まるで旅館。

早速中へ入ります。

ゲートを抜けて、最初に現れるのは

宮島の干潟

とても綺麗に再現されてます。

 そのまま進むと、2階へ続くエスカレーター。

昇った先にあるのは

牡蠣の養殖場でした。

水族館内に牡蠣の養殖所を造るとは

さすが宮島ですね。

その先には、瀬戸の山里も再現されています。

そしてさらに、瀬戸の内海・外海が続いています。

写真では少々わかりずらいですが、1階~2階まで続く

とても大きな水槽となってます。

瀬戸の海を堪能した後は、1階にある

スナメリエリアへと続くのですが

その途中にある小窓から

スナメリ水槽のバックヤードが覗けて

かなり面白いです。

 

飽きることなく見ることができますが

正面からも見たいので

スナメリメイン水槽へ。

“宮島水族館”のメインキャラクターにもなっているスナメリ。

先日行った下関海響館のスナメリとは

違う動きを見せてくれてひじょうに興味深いです。

結構近寄ってきてくれます。

  

そんな魅惑のスナメリ達を

十二分に堪能した後は

先ほどのカキの養殖水槽が

再度現れます。

そう、こちらの水槽も、1階~2階まで

続いているのです。

 もちろん牡蠣だけではなく、烏賊なんかも泳いでいて

とても神秘的です。

そして、さらに進むと

色とりどりの魚たちが出迎えてくれます。

 とても美しいですね。

その後、テッポウウオのお食事風景を観察し

ペンギンエリアへと到着です。

“宮島水族館”も館内と館外の2か所に

ペンギンエリアがあるのですが

まずは館内の方へ。

ちなみに、“宮島水族館”では

ペンギン触れ合いタイムというのがあり

実際に触れることができます。

もちろん私も触れ合ってきました。

そんなペンギンエリアの先には

カワウソがいるのですが

これがかなり可愛い。

うっかり見とれてしまいました。

そんなカワウソの後に続くのは、

アシカのショープールです。

ベテランアシカと子アシカが

見事な演技を披露してくれます。

アシカのショーを見終えた後は、再度2階へ。

トドエリアです。

雄と雌が1匹ずついるのですが

雄の方はかなりの迫力で

レベルの高い芸を披露してくれます。

そのトドエリアの横には

もうひとつのペンギンエリアがあり

館内のペンギンエリアとは

また違った動きのするペンギン達を見ることができます。

こうして、宮島水族館を堪能し終えた頃には

引いていた潮が満ちてきていて

厳島神社の鳥居は

遠目でしか眺めることができなくなっていました。

厳島神社もとっても素晴らしいですが

“宮島水族館”もひじょうに素晴らしい水族館でした。

宮島を訪れた際には、ぜひ水族館にも足を運んでみて下さい。

とってもお勧めです。

おしまい。

宮島水族館

(おまけ)

今回ももちろん、堪能しました。

美味しい食べ物を。

定番のもみじ饅頭

名産の牡蠣

さらにあなごめし。

どれもこれも美味しく、観光だけでなく

食も楽しめるという

素晴らしさ。

宮島、おすすめです。