こんばんは。カメレオンです。

急に涼しくなりましたね。むしろ寒いですね。

 

さて、大好評「あなたの会社に訪問♥」シリーズ。

今回お邪魔したのは株式会社 WACUL 様。

移転したばかりのぴかぴかオフィスに突撃します。

 

おしゃれオフィスやん…

--- 勇者カメレオンが来ましたよー

 

今回、WACUL 様のオフィスを案内してくれるのは

 
COO 大淵 亮平さん 
 
デザイナ 澤田 恵利さん 
 
広報 大目 菜々子さん 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

--- あまりにもおしゃれなオフィスでドキドキします。

--- 早速いつものお土産をバリバリっと開けていただきましょう!

大目さん『ああ!ものすごくきたない開き方になっちゃった…ごめんなさい』

--- お気になさらず!ワイルドに開けられる方が多いです。

大目さん『かわいい!ありがとうございます!』

澤田さん『代表の大津がどら焼きにはうるさいらしいです』

--- かわいい、いただきました~!味も美味しいはずですよ!きっと…

 

 

--- しかし素敵なスペースですね~

大淵さん『コラボレーションエリアといって、ミーティングとか社内のイベントに使ってるんですけど、

 みんなが集まることのできるいいスペースになってます』

--- 映画見たくなっちゃいますね…

大目さん『映画見てる人もいますよ!ビール片手に』

--- なんですかそれ、最高じゃないですか…

---それにしても、変わった形のオフィスですよね。それがまたおしゃれですが。

大淵さん『そうですね。入り口からコラボレーションエリア、執務スペースと全部ひとつづきになっていて

 オンオフをはっきりさせずに働けるのがいいですね』

澤田さん『それでいて、音はちゃんと遮断されますしね』

大淵さん『あと全体がつながってはいるものの、 

 奥にはプログラマが集中して作業できるスペースも作れているので、それもよかったなと』

--- おしゃれなだけではなく、働きやすいオフィスなんですね!

大目さん『よく見ると、ところどころにロゴの三角形をモチーフにしてるんですよ』

--- 本当だ!テーブルの脚も三角形ですね!素敵!

澤田さん『デザイン会社さんと協力してオフィスのデザインをしたのですが、 

 椅子以外は全部オリジナルで作ってくださったんです』

--- いいな~うらやましいな~

--- ドアストッパーまでかわいいじゃないですか!!!

 

さて、場所を会議室に移しまして、みなさんにお話を伺っていきましょう。

 

--- ではさっそく WACUL 様の会社紹介からお願いします。

 

 『2010年創業で、最初は成果コミット型の Web コンサルティングを提供していました。
 ここを改善したら資料請求が増えますよという分析やご提案をし、目標を達成したら
 報酬を頂戴するというかたちで、業界ではめずらしかったんですよ』

 

 

--- 最初は人工知能ではなく、人の手で分析などをされていたのですか?

 
 『そうです。クライアント様が増えてきて順調にサービスが拡大していたのですが
 Web サイトの分析や改善にはすごく時間がかかるんですね。
 そこで、分析とか提案を仕組化して機械にやらせちゃえばいいじゃないという
 発想が生まれて、Web サイトの分析から改善までをやってくれる AI が
 完成しました。』
 

--- 完全に AI に移行しているんですか?

  

 

 『そうですね。2015年に AI アナリストをスタートしてからは、
 人的なコンサルティングはやっていません』

 

 

--- 最近では AI が話題ですが、スタートした2015年ごろはどうでしたか?

 

 『ちょっとずつ出てきたところだったかな。
 2015年の春に Infinity Ventures Summit に出たんですけど
 そこで AI のサービスがひとつかふたつあったかんじだったかな。
 今ではほとんど AI か IoT かってかんじですよね』

 

--- 最近どんどん増えてますよね。

 

 

--- では、AI アナリストは具体的にどんなサービスなんでしょうか?

 

 『Google アナリティクスと連携してお使いいただくんですけど
 AI アナリストに登録して Google アナリティクスの情報を入力するだけで
 データ解析や改善点の提案をしてくれて、タグ埋めなどしなくてもすぐにご利用いただけます』
 
 

--- 利用開始が手軽なのはありがたいですね。

 

 『そうですよね。
 今までも AI がデータを解析してわかりやすく提示してくれるようなサービスはあったのですが
 さらに、ここを改善したほうがいいよという提案までしてくれるというのがこのサービスの一番の特徴ですね』

 

 

--- 主にどういった方にお使いいただいていますか?

 

 『Google アナリティクスは導入してるけど放置したままで活用できてないとか、
 そもそも設定がちゃんとできているのかわからないとか、データを見てもわからない、
 分析する時間もないといった 
Web 担当の方や中小企業様にお使いいただいてます』

 

 

--- たしかに、Google アナリティクスってちょっと難しい…

 

 『AI アナリストがこのように直したらいいですよと
 提案を一度でも実施した企業様の 6
0% が成果につながっていて、
 これは人間がコンサルティングしていたときよりもだいぶ成果が出てるんです』

 

 

--- それはすごい…

--- AI に移行してからも順調なようですが、なにか成功の秘訣みたいのはあったのでしょうか?

 

 『もともとコンサルティングをしていたのでお客様自体はそんなに変わっていないんですよね。
 お客様が抱えている悩みをどう解決していくかを考えてそれにダイレクトに応えた結果、
 今の AI を使うかたちに落ち着いたので、コンセプトがうけたのかなと思います』
 
 

 

 『あとは、Web で登録してもらって、サービスをご利用いただくという流れは、
 ずっとコンサルしてきたこともあってプロなので、そういうところでも
 成功したんじゃないかな、と』

 

 

--- 最初は人間の手で分析していたということですが、AI に移行してなにが一番変わりましたか?

 

 『データを扱うのは圧倒的に楽になりましたね。
 あとは、もともとプロジェクト単位でデザインを含めて納品するという形だったんですけど
 今は改善案や方針だけ出すかたちに変わったので、いわゆるプロジェクト管理というものがなくなりましたね』

 

 

--- そうですよね。人の手で分析って相当大変そうです…

 

 『東大生のアルバイトさんを雇って、5日間くらいかけて分析してました。
 Google アナリティクスでセグメントを作ってもらって、ダウンロードして Excel を使って分析
 していたんですが、どうしてもミスも起きちゃうし、時間もかかるしでいいところがなかったですね』

 

 

--- 機械化されているからこそのズレみたいなものはなかったのでしょうか?

 

 

 『ほとんどないですね。ポイントごとに人間の目もちゃんと入れているので』

 

 

--- なるほど。機械に任せつつ、ちゃんと人間の手も加えてるということですね。

 
 『うちがやりたいのは、全部を機械化することではないんですよね。
 人の働き方をもっと効率的にするために、 Web のデータ分析において
 何をしていいかわからないとか時間がかかることの解決するための手段に機械を使っているだけで。
 会社の行動指針に「システム志向」というのがあるんですけど
 システムで物事を解決できたらいいよねっというところで AI がある感じです』

 

--- 現在は東大生のアルバイトさんはいらっしゃらない?

 

 

 『いえ、また違う仕事をやってもらってます』

 

 

--- 東大生のアルバイトさんとなると、やはりすごそうですね…

 

 『そうですねーすごいなって思うのは、
  決まったことをなるべくミスなくスピーディーにやることが
 圧倒的に得意というところですね。処理能力が高いです』

 

 

--- ひょえー!やっぱり!東大生はレベルいくつくらいなんだろう…

 

--- 代表の大津さんのインタビューで "AI 時代の働き方" についてお話しているのを拝見しました。

--- みなさんが考える "人間と AI の違い" を教えていただけますか?

  

 
 『大津もインタビューで言っているんですけど、
 人間がすべきことは意思決定と目標を設定するという2つだと思います』

 

 

--- 大津さんは「意思決定とあきらめないこと」とおっしゃっていましたね。

 
 
 『仕事では、できるだけ楽に効率よく成果が出せることが望ましいじゃないですか。
 今では AI だったり、サーバーが大量のデータを簡単に処理できるようになっているので
 そういったところは、機械に任せることができるんですよね』
 
 

--- 機械が一番得意とするところですね。

 
 『じゃあ人間はなにをすべきなのかというところで、意思決定と目標の設定かと。
 こうしたいとかこうもっていきたいという目標には意思があるので
 機械には絶対できないし設定するのは人間なんですよね。
 それで、じゃあその目標をどう達成するの?っていうのを考えるところは
 機械に任せちゃえばいいじゃんっていうことですね』
 
--- なるほど…たしかに人間にしかできないことですね。

 
 『たとえば Google マップですが、ここへ行きたいって決めるのは人間ですよね。
 そしてそこまでの行き方を機械がいくつか考えてくれる。
 その中から、今日は急いでるからこっちの経路で行こうとか
 できるだけ安い経路で行こうというのを決めるのはまた人間なんですよね。
 そこが人間と機械の大きな違いだと思います』
 

--- 大変わかりやすいです。意思決定の幅も広がりますね。

 

 

 『そうですね。人間は意思を決めるだけで、
 考えるところは機械に任せようというのが僕らのやりたいことです』
 
 
 
--- 大目さん、澤田さんはどうですか?

  

 

 『今ので完璧です』

 

 

--- えぇ!おふたりなりの…みたいなのは?

  

 

 『今ので!』

 

 

--- きっぱり言われてしまったので、今のでいきましょう!

 

--- では次に、WACUL 様で働くスタッフの皆さまについて聞いてみましょう!

 

後編へ続く…