どうも。カメレオンです。

さて、やっと半分まできましたね。長かった。

だんだん記憶が薄れてきているのではないかという噂もありますが、そんなことはありません。

心は今でもラスベガスです。

では参りましょう。

 

4. データベースとのリレーションシップの自由

 

ここではまず、RDSの機能拡張が発表されました。

【Maria DBが使えるようになった!】

 

 

 重要なのは選択肢が多いことだ!…とのこと。

 

 

さらに、オンプレからの移行を支援するための新しいサービスも発表されていました。

 

【AWS Database Migration Service】

このサービスで簡単にAWS上のデータベースにデータを移行できるようになります。

 

継続的にデータをソースからAWS上に複製できる!

どんなサイズにも対応!

リアルタイムでモニタリングできる!

どのタイプのデータベースからも移行できる!

オンプレのエンジンと同じエンジンでAWSに移行できる!

 

 

 

この新サービスで速く簡単に、安くデータの移行ができるそうです。

 

 

続いて、

エンジンAからエンジンBに移行するのは大変なことですよね。半年から1年くらいかかってしまいます。

別DBエンジンへの移行ですね。大変…。

そこで、また出ました。新サービス。

 

【AWS Schema Conversion Tool】

これで簡単に移行できるそうです。やったね!

 

データの変換が簡単!

データベース上に格納されたデータをコピーできる!

 コストが今までより安くなる!

 

 

 

 

 

続々と新サービスが発表されますね!

とっても盛り上がっていました。まだまだ続きますKeynote!

次回は『5. 移行の自由』です。もう少しですね。

 

 

 

 ああ…ラスベガスに戻りたい…

 

 

 

以上。