お久しぶりです。カメレオンです。

なんだかとっても久々の奮闘日記になってしましました。

奮闘してなかったわけではないのですよ?

 

さて、今回の奮闘日記の舞台はヴァル研究所さまです。

覚えていますか?「かがやき」ルーム。

桃鉄以来の訪問です。

 

なぜカメレオンが今回ヴァル研究所さまにお邪魔したかというと…

 

---11月28日 Facebookにて---------------------------

内田さま 「re:Invent 2015 の社内報告会やるからSUPINFさんなんかしゃべってください。」

カメレオン 「がってん!」

内田さま 「15分~20分くらい話してね!ほかの会社さまにも声かけたよ!」

カメレオン (……なんやて)

-----------------------------------------------------------

 

なんかよくわからないけど、社内に流れる「カメレオンさんいってらっしゃい!」の空気。

ということで、行ってきました!

 

【日本一遅い re:Invent 2015 社内報告会】

 

 

 

 

 ・はじめに

 ・ヴァル研究所 内田さま、相坂さま

 ・SUPINF カメレオン

 ・ハートビーツ 藤崎さま

 ・ISID 藤川さま、稲田さま、松島さま

 ・セクションナイン 吉田さま

 

 

 

 

 

日本一遅い re:Invent 2015 社内報告会

ヴァル研究所 内田さま

 ・初参加の re:Invent 2015 で感じたこと

 ・規模の大きさ、スピード感と圧倒的なAWSの勢い

 ・API Gateway をβ版にもかかわらず本番で使ってることに驚き

 ・とにかく人のつながりが大事

 ・フラミンゴは避けたい

 ・なぜAWSなのか、なぜクラウドなのかを見直すこと大事

                                                         ・常に関心もって、自社サービスのカイゼンをし続けることの重要性

 

〈感想〉

カメレオンも初参加だったので、規模の大きさと盛り上がりには驚きでした。

β版を本番で使っちゃうなんてたしかに考えられないけど…

でもとにかく使ってみよう!精神なのでしょうか…

印象的だったのは世界に行く前に、日本のことや

自社のことを見直すことも必要ということでした。

自分の周りの現状を把握してから世界を見ることで、

受ける衝撃の大きさや吸収できることは格段に変わるでしょう。

 

 

『海外研修報告会 ~日本一遅いre:Invnt2015報告会~』

ヴァル研究所 相坂さま

 

 ・今年発表された新サービスやアップデート情報をざっと解説

 ・置いていかれますよ!

 ・今やITの会社以外がAWS

 ・ミッションクリティカルなサービスにAWSの新サービスがどんどん導入されてる

 ・AWS使ってるだけで満足してないですか? (自戒)

 

 

 

〈感想〉

AWS使ってるだけじゃだめですよ!置いていかれますよ!というガツンとくるお話でした。

クラウドやAWSはもはやIT業界だけのはなしではないなと改めて感じました。

そして、世界は新しいサービスに積極的だぞ、とも。

内田さまのお話であった「β版を本番で使ってる」というのも、

その表れなのかもしれませんね。

AWS使ってるから、とあぐらをかいている場合ではなさそうですね。

もちろん、新サービスを導入すれば世界のスピードに追い付ける

というわけでもないでしょうけれど…

常にアンテナを張って、改善改善ってしていくことが大事なんでしょうね!

 

※ 相坂さまのスライドは絶賛改良中とのことなので、後ほど追記します。

  きっとものすごいクオリティのものが出来上がるんでしょうね!ワクワク!

 

 

日本一ためにならない(であろう) re:Invent 2015 の報告

SUPINF カメレオン

 

 ・弊社はこうやって参加者を決めたよ!

 ・6人で参加したらこんないいことあったよ!

 ・グランドキャニオンすごかったよ

 ・今年参加して学んだ気を付けるべき点

 

 

〈感想〉

こんなところでお話してきました。

新サービスとかアップデート情報とか技術系の話は一切触れておりません!

考え直させられるような内容も一切ございません!

完全に箸休めです!

なんか思いもよらないところでみんなが笑ってくれていたので、よかったなと思います。

きっと楽しんでもらえたよね?1つくらいこーゆう発表も必要だよね?

みなさん栓抜きは持っていきましょうね。

グランドキャニオンは生きているうちにぜひ行ってください。

 

 

『AWS re:Invent 2015』 

ハートビーツ 藤崎さま

 

 ・参加の目的はAWSさんとのお付き合い

 ・もとい、世界のAWSエコシステムの変化を肌で感じる

 ・肌で感じるためには、行ってみないとね!

 ・英語がんばれ

 ・パブクロールで酒の勢いでコミュニケーションとろう

 

〈感想〉

カメレオンもAWSのエコシステムを肌で感じられたかは甚だ疑問ではありますが

たしかに、行ってみなきゃ体感できないことだらけでした。

英語は本当に頑張らなきゃって思いました。

藤崎さんによると日本でも英語での勉強会やmeetup もやってるそうです。

そういう場で英語でセッション聞くこと、コミュニケーションをとることに慣れておくのが大事ですね。

 

 

『ISIDのre:Invent』

ISID 藤川さま

 ・ベラッジオの噴水も生きているうちにぜひ行ってください

 ・シアトルから行ったほうがいい。楽しそうな写真を見せつけられてつらい気持ちになる

 ・ブースで話す。だんだん「あいしーあいしー」しか言えなくなる

 ・相撲のフニフニしたやつはもらえた

 ・ISIDさまは、営業さんがお客さまにお供するか権力かおねだりでre:Inventに参加できる

 ・おねだりは失敗することもある

 

〈感想〉

すごい面白い発表でした。

No Photo! 内容が多々あったのですが、本当におもしろかったです。

シアトルはすごいいいところでしたよ。

ただとても寒いのであったかい格好をしていくことをおすすめします。

ブースはノベルティたくさんもらえるし、その企業の方と直接お話できるから

積極的にブースに行くのはいいと思いました。

 

 

『re:Inventのおもひで』

ISID 稲田さま

 

 ・おねだりは成功したと思ってる

 ・シアトルからのコースになったのは申し込みが遅くて空きがなかっただけだから!

 ・フラミンゴからベネチアンは遠くて会場に着いたときに、内田さんと相坂さんと超興奮した

 ・Wi-Fiの使いすぎには気を付けましょう

 

 

〈感想〉

稲田さまだったらおねだり成功するだろうなぁっと思いました。かわいいから。

カメレオンはベネチアンに宿泊してましたが、

広すぎて迷子になったため会場に着いたときは興奮しました。

方向音痴とかではなく、ベネチアンが広すぎるのです。

 

 

『IoTが身近になった?』

ISID 松島さま

 

 

 ・AWS IoTボタンもらいました

 ・牛をIoTで管理する話

  

 

 

〈感想〉

メモが追いつかず…すみません…

IoTはすごい話題になってるし、これからどんどんくるんだろうなぁという印象です。

AWS IoTボタンほしかった…

 

 

AWS re:Inventに行くために今日からやるべき3つのこと

セクションナイン 吉田さま

  ・来年のre:Inventに行くためのお話をします。

 ・re:Inventに行くためにはAWSウルトラクイズで優勝する

 ・上司を説得する

 ・自分でなんとかする、の3つ。

 ・来年のAWSウルトラクイズは本気で狙いに行きます。

 ・ワークショップでグローバルを感じた

 ・シルクドゥソレイユ一択

 ・ヴァル研究所のためのre:Invent

 

〈感想〉 

初代AWSウルトラクイズの優勝者でもある吉田さま。

ぜひAWSウルトラクイズ勉強会開催していただきたいです。

行ってきました!の報告はさんざん聞いたよね、ということで

来年のre:Inventに参加するためのあれこれをお話はとても参考になりました。

とりあえずAWSウルトラクイズ優勝したい。

なにより、re:Inventに行くために~から

ヴァル研究所のためのre:Inventのお話に持っていくまでの

話の流れが素晴らしすぎて、さすがだな~って思いました。

 

 

最後に

『油断してたら飛行機乗り遅れたはなし』

品田さん

 

・re:Inventも何回も行ってるし、海外出張も行ってるし余裕っしょ

・タバコ吸ってたら飛行機ドア閉まった

・じたばたしてもしょうがない、落ち着いて英語の勉強だと思え

・「Thank you」と「Sorry」を伝えればツンツンだった担当のおばちゃんもやさしくなる

・コミュニティで築いた人脈に救われた

・HISさんの迅速な対応、すごい

 

〈感想〉

いやー驚きましたね。飛行機乗り遅れちゃったなんて…あるんですねー

恐ろしい…

にしても、品田さんはすっごいたんたんとお話されてたんですけど

その雰囲気と内容のギャップにめっちゃ笑った。

写真がないのが残念。

油断はよくないですね。何事も。

 

 

報告会の内容はこんな感じでした!

みんなそれぞれ色が違ってとっても楽しかったし、参考になりました。

 

 

 

 

さて、勉強会(ちょっとちがうけど…)のあとは

もちろん懇親会!

 

カメレオンが楽しみにしていた

無限餃子!!!

 

なにそれ?というみなさまに説明しますと、

飲み物を頼むと餃子がもれなく提供される、というなんとも素晴らしいお店なのです。

飲み物を頼めば餃子出てくるのに!メニューに「餃子1人前250円」の文字が。

もうなにがなんだか。

 

座敷がビールケースに畳だったり

たぶん4人席に6人詰め込まれたり

お店の雰囲気も取り皿の大きさがまちまちだったり

なんかTHE☆高円寺って感じのお店。

カメレオンそーゆうの大好き。すごい楽しかったです。

 

ヴァル研究所の内田さまとハートビーツの藤崎さまの馴れ初めも聞けたし (ちょっと違う)

ISIDの稲田さまとヴァル研究所の相坂さまに告白もできたし (ちょっと違う)

 

餃子もおいしかったし

もう幸せでした!ありがとうございました。

懇親会もすごいスムーズでほんとに素晴らしい幹事力…!

 

 

発表のお話をいただいて、改めてre:Inventのことを思い返してみたら

「楽しかったな。行けてよかったな。」という思いと

社長をはじめ連れて行ってくれた弊社スタッフと

re:Inventで出会い、お世話になった皆さまへの

本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ありがとうございました。

 

また、今回お声をかけてくれたヴァル研究所のみなさまにも御礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

楽しかった!

 

以上